So-net無料ブログ作成

Jean-Claude Mas Chardonnay 2006 VdP D'OC [ラングドッグ・ルーション]

2007-11-25

ジャン・クロード・マス シャルドネ2006を飲んだ。
Les Domaines Paul Mas の造る、VIN DE PAYS だが、酸もしっかりとありつつふっくらまろやかで、重すぎることもないすっきりフルーティーな、好きなタイプのシャルドネ。
100%樽熟成で、新樽比率が60%と高いそうだが、軽やかであまり樽を感じなかった。柑橘系のフルーティーさがより際立っていると思う。

いつもは美味しくいただけるこのワイン。
今回は、合わせた料理が悪かった[ふらふら] 
シャルドネにクリーム系なら [決定] だと思ったのに・・・・
コーンクリームシチューに、白&ブラウンマッシュルームをタップリ入れて合わせてみたら、何コレっ!??? ワインのまろやかさが台無し。酸味と苦味だけが後口に残る、薄っぺら~いシャルドネになってしまった。何でどうして・・・・????
市販のルーだから?たまねぎが多すぎた?・・・・それとも今日の体調が悪かったから?(←でも、夫もこのミスマッチに絶句していたから、この線はまずない)
マッシュルームのせいだとは思えないし、、、とひとつひとつ潰していくと、コーンに行き当たった。コーンの甘みと茎っぽい風味が犯人!と目星をつけ、さらに考えてみる。。。。
コーンフレーク、トルティーヤ(具無し皮だけ)、とんがりコーン、コーンポタージュ、ポップコーン、焼きもろこし、バターコーン、、etc。コーンで連想するものはこんな感じだけど、やっぱり、ワインが飲みたい気分にはならないかも。コーンが主体の料理とはNGということで、今後気を付けようと思った。

残りのワイン(ほとんど!)は、翌日、豚トロのあぶりと共に、おいしく頂きました~[るんるん]

[かわいい]Jean-Claude Mas Chardonnay 2006   VdP D'OC /ELEVE EN BARRIQUE(オーク樽を用いて醸造)    
  Alc13.5% ☆☆☆
  近所のワイン屋で購入 1,200円前後

DSCN6635 30 30.JPG

※この記事は、以前楽天ブログで公開していたものをそのまま載せています。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。