So-net無料ブログ作成

Minervois 2005 [ラングドッグ・ルーション]

2007-11-26

先日、ミネルヴォアの2005年を飲んだ。

造り手は Domaine Tour Boisee。
18世紀から続く自然派の生産者としてミネルヴォアを代表する存在。テロワールやブトウが本来持つ力をそのまま活かす為に、ブドウ栽培は「リュット・レゾネ」、醸造は「セミ・マセラシオン・カルボニック」(果皮と果汁のスキンコンタクトを増やし上質のタンニンを抽出する醸造法)を採用しているとのこと。驚くことに、ブドウの房は除梗をせずに丸ごと発酵したり、ルモンタージュをしないなどの方法で造っているらしい。

コルビエールと近く、内陸に位置する産地のAOCワイン。完熟ブドウの甘さとパワーを持つ期待通りのおいしい赤だった。果実味がとっても豊か!きれいなガーネット色でさわやかさと、コク+複雑さも併せ持つ楽しめるワイン~~~やはりグルナッシュ系が好みなのだな、、と改めて確認。・・・・で、この日の料理は、何だったっけ???忘れてしまった~[がく~(落胆した顔)]

[かわいい]Minervois 2005 Domaine Tour Boisee 
  グルナッシュ60%、カリニャン20%、サンソー20%
  近所のワイン屋にて 1,400円(税込み) ☆☆☆☆
  (「コストパフォーマンス最高♪買い占めるべし!!」by夫)

DSCN6639 30 30.JPG

※この記事は、以前楽天ブログで公開していたものをそのまま載せています。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。