So-net無料ブログ作成

Lemaire Fournier VOUVRAY moelleux 2003 [ロワール]

ルメール・フルニエ ヴーヴレ モワルー2003 を飲んだ。

以前飲んだフルニエのシュナンブラン「LES BARRES 2002」のあまりの美味しさにイチコロになってしまった私。2002、2003、2004年とたった3ヴィンテージしか生産されていないもはや幻のワイン。行きつけのワイン屋ではその時購入したものが最後の一本だったそうだ。以来、飲みたくて飲みたくてこれをストックしているワインバーを探して足を運んだ程。ボリューム感もあって若干の苦味とやさしく上品でさわやかな甘みの後味。甘みと酸味のバランスが絶妙ですっきりきれいな味わいだった。シュナンブラン100%なのに特有の嫌な癖やとっつきにくさもなく、とにかく感動の一本だった。

・・・で、先日お店でフルニエを見つけて、「きゃ~!あるっ!!」とよく確認もせずに購入。そのままよく確かめぬまま冷蔵庫へ。そして、後日、さあ、飲もう♪といそいそと食卓で開けて先ず一口飲んだ夫が「あ、甘っ・・・!」と。。。。元々甘めの味わいなんだから当たり前じゃん、と言いつつ私も飲んでみると、、、確かに第一印象はかなり甘め。ここで初めてまじまじとエチケットを見て笑っちゃった。そう、Moelleu(モワルー)の文字を見逃していたようで~!!

『モワルーとは、「moelle(モワル:骨髄)のようにやわらかい」、つまりクリーミーな甘口という意味で、ヴーヴレやコトー・デュ・レイヨンなどのAOCで作られる甘口ワインの形容に用いる』 (ポケットワインブックより)

でも、さすがのフルニエ!モワルーも爽やかでミネラリーで後口にほんのり香ばしさとシャープさも感じられて、やっぱりとても美味しいシュナンブラン100%だった。前回のLES BARRES 2002は、焼き鰤と大根煮と合わせてみて大満足だったが、今回の、ブロックのままゆっくり茹でたゆでヒレ豚withいろいろ薬味&ソースともバッチリ。上質のシュナンブランは和食と相性も良いみたい。もっとスパイスを効かせたエスニックにも合いそうだな~。大好きなパクチー&ニョクナムやナンプラーのソースとも試してみればよかった・・・・でも、、、もう買えないだろうな~フルニエのワイン。。。。(涙)

このルメール・フルニエは、銀行で働いていたワイン好きの女性が2001年11月に設立したドメーヌ。かねてから天才醸造家と評されていたニコラ・ルナールの大ファンだった彼女、なんと、宝くじ(3億円とのウワサ!?)に当たり、ニコラ・ルナールを招聘してぶどう栽培と醸造を任せる為にヴーヴレに畑を買いドメーヌを立ち上げたとか。。。。夢のような話[ぴかぴか(新しい)]

ワインの質にこだわるあまり、ついに資金が続かなくなってしまったことなどもあり2005年にニコラ・ルナールはドメーヌを去ることになり、ほどなくしてドメーヌも閉鎖されたそうだ。だから在庫が売れきってしまったら二度と会えないワイン。。。[もうやだ~(悲しい顔)]

ニコラ・ルナール氏は今もきっとどこかでワインを造っているのだろうな~。。。知りたい!買いたい!飲みた~い!!

L Fouenier 2002.JPG

  • Lemaire Fournier VOUVRAY moelleux 2003 /AOC
  • 品種:シュナンブラン100%
  • 近所のワイン屋で購入 2,180円 

Fourniervouvray2003.JPG

  • Lemaire Fournier LES BARRES 2002
  • 品種:シュナンブラン100%
  • 近所のワイン屋で購入 2,600円弱くらい


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。