So-net無料ブログ作成

Lemaire Fournier VOUVRAY moelleux 2003 [ロワール]

ルメール・フルニエ ヴーヴレ モワルー2003 を飲んだ。

以前飲んだフルニエのシュナンブラン「LES BARRES 2002」のあまりの美味しさにイチコロになってしまった私。2002、2003、2004年とたった3ヴィンテージしか生産されていないもはや幻のワイン。行きつけのワイン屋ではその時購入したものが最後の一本だったそうだ。以来、飲みたくて飲みたくてこれをストックしているワインバーを探して足を運んだ程。ボリューム感もあって若干の苦味とやさしく上品でさわやかな甘みの後味。甘みと酸味のバランスが絶妙ですっきりきれいな味わいだった。シュナンブラン100%なのに特有の嫌な癖やとっつきにくさもなく、とにかく感動の一本だった。

・・・で、先日お店でフルニエを見つけて、「きゃ~!あるっ!!」とよく確認もせずに購入。そのままよく確かめぬまま冷蔵庫へ。そして、後日、さあ、飲もう♪といそいそと食卓で開けて先ず一口飲んだ夫が「あ、甘っ・・・!」と。。。。元々甘めの味わいなんだから当たり前じゃん、と言いつつ私も飲んでみると、、、確かに第一印象はかなり甘め。ここで初めてまじまじとエチケットを見て笑っちゃった。そう、Moelleu(モワルー)の文字を見逃していたようで~!!

『モワルーとは、「moelle(モワル:骨髄)のようにやわらかい」、つまりクリーミーな甘口という意味で、ヴーヴレやコトー・デュ・レイヨンなどのAOCで作られる甘口ワインの形容に用いる』 (ポケットワインブックより)

でも、さすがのフルニエ!モワルーも爽やかでミネラリーで後口にほんのり香ばしさとシャープさも感じられて、やっぱりとても美味しいシュナンブラン100%だった。前回のLES BARRES 2002は、焼き鰤と大根煮と合わせてみて大満足だったが、今回の、ブロックのままゆっくり茹でたゆでヒレ豚withいろいろ薬味&ソースともバッチリ。上質のシュナンブランは和食と相性も良いみたい。もっとスパイスを効かせたエスニックにも合いそうだな~。大好きなパクチー&ニョクナムやナンプラーのソースとも試してみればよかった・・・・でも、、、もう買えないだろうな~フルニエのワイン。。。。(涙)

このルメール・フルニエは、銀行で働いていたワイン好きの女性が2001年11月に設立したドメーヌ。かねてから天才醸造家と評されていたニコラ・ルナールの大ファンだった彼女、なんと、宝くじ(3億円とのウワサ!?)に当たり、ニコラ・ルナールを招聘してぶどう栽培と醸造を任せる為にヴーヴレに畑を買いドメーヌを立ち上げたとか。。。。夢のような話[ぴかぴか(新しい)]

ワインの質にこだわるあまり、ついに資金が続かなくなってしまったことなどもあり2005年にニコラ・ルナールはドメーヌを去ることになり、ほどなくしてドメーヌも閉鎖されたそうだ。だから在庫が売れきってしまったら二度と会えないワイン。。。[もうやだ~(悲しい顔)]

ニコラ・ルナール氏は今もきっとどこかでワインを造っているのだろうな~。。。知りたい!買いたい!飲みた~い!!

L Fouenier 2002.JPG

  • Lemaire Fournier VOUVRAY moelleux 2003 /AOC
  • 品種:シュナンブラン100%
  • 近所のワイン屋で購入 2,180円 

Fourniervouvray2003.JPG

  • Lemaire Fournier LES BARRES 2002
  • 品種:シュナンブラン100%
  • 近所のワイン屋で購入 2,600円弱くらい


Le Canon Rose Primeur VdT 2007 [ローヌ]

2008-08 

日本人醸造家の大岡さんのワイン、ル カノン ロゼ プリムール2007 を飲んだ。

大好きなワインの一つで、生産量も少ない季節モノの微発砲の新酒(=プリムール)なので、見つけた時はついニンマリとしてしまう。ロゼの色合いも華やかでとてもキレイだし、桜の花びらが舞うエチケットも美しいので、手土産にも重宝する。この2007年は少し色調も強く、ボリュームがある感じ。綺麗な果実味と繊細さは健在で、きりっとしたフレッシュな辛口の中にもぶどうのほのかな甘みもあって、とってもミネラリー。柔らかい微発砲が食欲を刺激する。やはり日本人が作るワインだからか、和食ともぴったりマッチするのがうれしい。

この日は夏の暑い日だったので、柚子こしょうを効かせたカツオとワカメのカルパッチョ風サラダと冷奴・・・etcと合わせてみたが、和の薬味(しそ、ミョウガ)とも違和感がなかった。でも、生姜はほどほどに。。。根っこっぽい辛・苦味が舌にざらざらと残ってしまうから・・・。

もともと大岡さんのワインを知ったのは、友達から頂いた無ろ過のシャルドネ、’Le Canon’(Alc12.5%。ヴィンテージは多分2005年)がきっかけ。飲み慣れたいつものシャルドネとは違う味わいだったけれど、淡い黄色の色調の中の濁りについ驚いてしまうそのワインは口当たりもまろやかでかつ爽やかなとても美味しいビオのシャルドネだった。

大岡氏がローヌで作るワインは8種類あるそうで、いずれも除草剤や化学肥料を使用せず、酵母も野生酵母を使った自然な発酵を行い、酸化防止剤も付与していないらしい。ローヌのコルナスで有名な自然派ティエリー・アルマン氏の元でぶどう作りから醸造まで一貫して師事しており、独立した今も、収量も少量でありながら更によいぶどうだけを選別してワイン造りを行うという徹底したこだわりを実践できる優れた造り手だと思う。

最近では、ビオワインばかりを扱うお店やバーも増えてきたのはとてもうれしい事だ。でも、酸化防止剤を使っていないということは問題もある訳で・・・・・先日もとあるワインバーへ行った折にルカノンプリムールがあったので頼んでみたのだが・・・・フレッシュさがまったく抜け苦味が勝ってしまっていて、、、悲しくなった。鮮度が命のこのワイン、グラスでのサーブは無理があるのでは・・・・本当に残念だった。。。[ふらふら]

さて、微発砲があまり好きではない夫も、このワインは気に入ったようで、「ジュースみたいだ~!」なぁんて言いながらもガブガブ飲んでいる。男のワインって感じではなさそうに見えるけれど、実は、「LE CANON」とはフランス語で男同士で『一杯やろうぜ!』という意味らしい。。。[手(チョキ)]

Le Canon Primeur2007.JPG 

  • Le Canon Rose Primeur 2007  by La Grand Colline /VdT 
  • 品種:ミュスカダンブール
  • Alc:11% 微発砲
  • ネットショップ‘ez-Wine’にて購入  2,604円  

 

LeCanon rose primeur 2006.JPG Le Canon Rose Primeur 2006

2006年はロゼ色もやや淡く澱もたくさん♪そのせいで濁りも目立った。これは今年のお正月にお屠蘇代わりに開けたワイン。見た目とは違うキリリとした辛さが喉に心地よかった。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。