So-net無料ブログ作成
ラングドッグ・ルーション ブログトップ

Minervois 2005 [ラングドッグ・ルーション]

2007-11-26

先日、ミネルヴォアの2005年を飲んだ。

造り手は Domaine Tour Boisee。
18世紀から続く自然派の生産者としてミネルヴォアを代表する存在。テロワールやブトウが本来持つ力をそのまま活かす為に、ブドウ栽培は「リュット・レゾネ」、醸造は「セミ・マセラシオン・カルボニック」(果皮と果汁のスキンコンタクトを増やし上質のタンニンを抽出する醸造法)を採用しているとのこと。驚くことに、ブドウの房は除梗をせずに丸ごと発酵したり、ルモンタージュをしないなどの方法で造っているらしい。

コルビエールと近く、内陸に位置する産地のAOCワイン。完熟ブドウの甘さとパワーを持つ期待通りのおいしい赤だった。果実味がとっても豊か!きれいなガーネット色でさわやかさと、コク+複雑さも併せ持つ楽しめるワイン~~~やはりグルナッシュ系が好みなのだな、、と改めて確認。・・・・で、この日の料理は、何だったっけ???忘れてしまった~[がく~(落胆した顔)]

[かわいい]Minervois 2005 Domaine Tour Boisee 
  グルナッシュ60%、カリニャン20%、サンソー20%
  近所のワイン屋にて 1,400円(税込み) ☆☆☆☆
  (「コストパフォーマンス最高♪買い占めるべし!!」by夫)

DSCN6639 30 30.JPG

※この記事は、以前楽天ブログで公開していたものをそのまま載せています。


Jean-Claude Mas Chardonnay 2006 VdP D'OC [ラングドッグ・ルーション]

2007-11-25

ジャン・クロード・マス シャルドネ2006を飲んだ。
Les Domaines Paul Mas の造る、VIN DE PAYS だが、酸もしっかりとありつつふっくらまろやかで、重すぎることもないすっきりフルーティーな、好きなタイプのシャルドネ。
100%樽熟成で、新樽比率が60%と高いそうだが、軽やかであまり樽を感じなかった。柑橘系のフルーティーさがより際立っていると思う。

いつもは美味しくいただけるこのワイン。
今回は、合わせた料理が悪かった[ふらふら] 
シャルドネにクリーム系なら [決定] だと思ったのに・・・・
コーンクリームシチューに、白&ブラウンマッシュルームをタップリ入れて合わせてみたら、何コレっ!??? ワインのまろやかさが台無し。酸味と苦味だけが後口に残る、薄っぺら~いシャルドネになってしまった。何でどうして・・・・????
市販のルーだから?たまねぎが多すぎた?・・・・それとも今日の体調が悪かったから?(←でも、夫もこのミスマッチに絶句していたから、この線はまずない)
マッシュルームのせいだとは思えないし、、、とひとつひとつ潰していくと、コーンに行き当たった。コーンの甘みと茎っぽい風味が犯人!と目星をつけ、さらに考えてみる。。。。
コーンフレーク、トルティーヤ(具無し皮だけ)、とんがりコーン、コーンポタージュ、ポップコーン、焼きもろこし、バターコーン、、etc。コーンで連想するものはこんな感じだけど、やっぱり、ワインが飲みたい気分にはならないかも。コーンが主体の料理とはNGということで、今後気を付けようと思った。

残りのワイン(ほとんど!)は、翌日、豚トロのあぶりと共に、おいしく頂きました~[るんるん]

[かわいい]Jean-Claude Mas Chardonnay 2006   VdP D'OC /ELEVE EN BARRIQUE(オーク樽を用いて醸造)    
  Alc13.5% ☆☆☆
  近所のワイン屋で購入 1,200円前後

DSCN6635 30 30.JPG

※この記事は、以前楽天ブログで公開していたものをそのまま載せています。


今日も Corbieres2004 [ラングドッグ・ルーション]

2007-10-27

また今日もコルビエールを飲んだ。
 
冷凍庫にストックしていたラム肉のしゃぶしゃぶに合わせて。
ラムを半解凍すると思ったよりも特有のにおいが強かったので、大根おろしを添えようとした。、、が、つい先日飲んだコルビエールをイメージしつつ、大根の辛味がワインの果実味や甘みとぶつかってしまうかもと思い、かぶをすってみた。かぶの柔らかい甘み(ニュートラルな甘みという感じ。。)が、ラムの生臭さを消すと共に、コルビエールとの仲介役をしてくれるのでは、、と期待したのだが、これが大正解!!少々のわさびと生醤油をたらしてもワインの風味を邪魔しなかった☆ちょっと感動・・・♪
 
コルビエールもそうだけど良い造り手のローヌや南仏のワインは、少々体調が悪くても、料理のジャンルもあまり問わず美味しく飲めるから、ついつい買い込んでしまうしすぐ開けてしまう。。価格もお手頃~♪
ネットでは、このコルビエールも『エイジングしても楽しめる~』って書いてあったからまとめ買いしたのに・・・・

今度は、ローヌ北部のシラーたっぷり コート・ロティやコルナスを飲みたいな・・・・
 
[かわいい]CORBIERES 2004 DOMAINE DE VILLEMAJOU 1,900円 エノテカネットショップにて ☆☆☆☆

※この記事は、以前楽天ブログで公開していたものをそのまま載せています。


Corbieres 2004 [ラングドッグ・ルーション]

2007-10-26

先日二日間をかけて、コルビエール2004を飲んだ。
セパージュは、カリニャン40%、シラー30%、グルナッシュ20%、ムールヴェードル10%。
エールフランスビジネスクラス搭載のワインだそう。

グルナッシュのやさしく焦げたような甘さが最初に風味立つ。美味しい好きなワイン。
初日は豚シャブと合わせてみたが、ゴマダレとの相性もOK!
でも、柚子ポン酢とは、シラーのがさがさタンニンが目立ってしまってワインがもったいない感じだった。

翌日は、お魚の煮付けをはじめ、the very 和食と。おしょうゆとの相性も悪くなく美味しく頂く。
香ばしい甘さよりも渋みが出てきた二日目のワインだった。

好きなフランス南部のワインだが、やはり時間と共に変化する複雑性、、といえば、先日のサッシカイアのほうが楽しめたような気がする。フムフム、なるほど、格上のワインをたくさん飲むと私の好みも変わっていくのかもしれないな、、、と思った秋の十三夜。

[かわいい]CORBIERES 2004 DOMAINE DE VILLEMAJOU 1,900円 エノテカネットショップにて ☆☆☆☆
  (「3千円くらいのワインかな?」By夫)

コルビエール2004.JPG

※この記事は、以前楽天ブログで公開していたものをそのまま載せています。


ラングドッグ・ルーション ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。