So-net無料ブログ作成
検索選択
ロワール ブログトップ

Thierry Puzelat  VinCoeur 2007  [ロワール]

ティエリピュズラの ヴァンクゥールブラン2007 を飲んだ。

三年前に恵比寿のフレンチレストランで飲んだ時、微発砲の優しい味に感激し、それ以来我が家のおもてなしワイン用にストックを欠かさない一本。ソーヴィニヨンブランらしくフルーティーでミネラリー。青りんごの爽やかさ。飲みやすいけれども酸味の後の苦味と甘さが程よくて飲み応えもある。かすかにビオ臭も感じられるが口に含んだ瞬間のフレッシュ感が勝って気にならない。思わず「おいしいなぁ~」と声が出てしまう自然派の白ワイン。

造り手のティエリピュズラは1994年に父親の畑を兄と共に継いでドメーヌ「クロ・デュ・テュエ・ブッフ」を起ちあげた後、1999年にネゴシアン「ティエリ・ピュズラ」を興した。ドメーヌとはぶどう栽培から醸造・瓶詰め・出荷まで一貫して行うワイン生産者のことで、ネゴシアンとは栽培農家からぶどうを購入して醸造して販売する業者。ネゴシアンとしてのピュズラは、ぶどうの育った土地環境(テロワール)を最大限に活かした個性あるワインを造ることを目指しているそうだ。このヴァンクゥールブランも年によってぶどう畑(農家)を変えているらしく樹齢も異なるとのこと。2005、2006、2007と飲んだが、2006年が一番好みだったかな~!

ハートのエチケットが可愛い「ヴァンクゥール」は、日本のワイン輸入卸会社ヴァンクゥールの為に造られたワイン。和食にも合うわけだ[ひらめき] お刺身とも相性よし。ホタテや白身魚のカルパッチョ、チキンとアスパラのサラダなどと合わせて頂くことが多いがとても美味しい~[るんるん]

vincoeur ThierryPuzelrt2007.JPG 

  • Thierry Puzelat VinCoeur 2007 / AOC TOURAINE
  • 品種 : ソーヴィニヨンブラン100%
  • 近所のワイン屋で購入 2100~2400円位

ちなみに、ピュズラのドメーヌもの、ル・クロ・デュ・テュエ・ブッフの「ヴァン・ブランVdt (シャルドネ2005)」も飲んでみた。

Vin Blanc VdT2005.JPG 

ところが・・・・・
コルクは少し青くかびたような部分があったものの気になるほどでもなく、早速グラスに注いで香りを嗅いでみたところ、かなり強いツンとしたにおいが鼻を衝き・・・[バッド(下向き矢印)] 口に含んでみると、ピリピリとした刺激が少しあり、とても甘い味わいだった。あれっ?おかしいな。。。白桃の熟れ過ぎて黒くなった部分のような、やや不自然な程の甘さと共に、心地よくない刺激があって、ちょっと飲めない感じ。少し置いてみたが同じだった。翌日もよく冷えたものを試してみたのだが、ツンとしたピリピリ感と甘みは同様でやっぱり飲みたいとは思えなかった。夫も「・・・[バッド(下向き矢印)]

これがこのワインの特徴によるものなのか、何らかの理由による劣化なのか、わからなかったのでメールでショップに問い合わせてみたところ、すぐに試飲をして下さったようでピリピリとした刺激や白桃の熟れ過ぎて黒くなった部分のような味わいはあったもののおいしく飲めたとの回答を頂く。若干の発砲と、ブルゴーニュのシャルドネとは違う甘味は、このワインの特徴で、ロワール産であるのと作り手がピュズラである(産地と醸造法、瓶詰など)ためと考える旨のご説明を頂いた。でもにおいが不快なものならとても気になる、還元香の可能性も考えられるが試飲で抜栓したものはそれほど強く感じなかった為、もしかしたらブショネの可能性があったのかもしれないとも。

私はメールでやり取りをするまで、このドメーヌがピュズラだとは気が付いていなかった。でも、言われてみれば舌にピリピリくる刺激や発泡の具合、りんごのような香りや甘さは「ヴァンクールブラン」と似ているような気がした。
3日後に一杯、よく冷えたものを試してみたところ、ツンと来る嫌な香りは抜けたというか落ち着いてきていて、不快な程度には感じなかった。夫もこれなら飲めるとびっくり!3日も経っているのにフルーティさが抜けず飲みやすくなるなんて、、、!
だから、おそらく、このワインはいわゆるブショネではないと感じた。甘みについては、好みではないけれど、こういう作り方もあるのだな~と勉強になったかな~。。。

ショップの担当者も数ヶ月前の入荷前の試飲の時とは随分印象が違っていたと言っていた。それだけ自然派ワインというのは奥が深いというか難しいということなのかしら。。。

  • VinBlanc Vdt 2005  by Le Clos du Tue-Boef
  • 品種 : シャルドネ100%
  • ネットショップにて2600円位

Lemaire Fournier VOUVRAY moelleux 2003 [ロワール]

ルメール・フルニエ ヴーヴレ モワルー2003 を飲んだ。

以前飲んだフルニエのシュナンブラン「LES BARRES 2002」のあまりの美味しさにイチコロになってしまった私。2002、2003、2004年とたった3ヴィンテージしか生産されていないもはや幻のワイン。行きつけのワイン屋ではその時購入したものが最後の一本だったそうだ。以来、飲みたくて飲みたくてこれをストックしているワインバーを探して足を運んだ程。ボリューム感もあって若干の苦味とやさしく上品でさわやかな甘みの後味。甘みと酸味のバランスが絶妙ですっきりきれいな味わいだった。シュナンブラン100%なのに特有の嫌な癖やとっつきにくさもなく、とにかく感動の一本だった。

・・・で、先日お店でフルニエを見つけて、「きゃ~!あるっ!!」とよく確認もせずに購入。そのままよく確かめぬまま冷蔵庫へ。そして、後日、さあ、飲もう♪といそいそと食卓で開けて先ず一口飲んだ夫が「あ、甘っ・・・!」と。。。。元々甘めの味わいなんだから当たり前じゃん、と言いつつ私も飲んでみると、、、確かに第一印象はかなり甘め。ここで初めてまじまじとエチケットを見て笑っちゃった。そう、Moelleu(モワルー)の文字を見逃していたようで~!!

『モワルーとは、「moelle(モワル:骨髄)のようにやわらかい」、つまりクリーミーな甘口という意味で、ヴーヴレやコトー・デュ・レイヨンなどのAOCで作られる甘口ワインの形容に用いる』 (ポケットワインブックより)

でも、さすがのフルニエ!モワルーも爽やかでミネラリーで後口にほんのり香ばしさとシャープさも感じられて、やっぱりとても美味しいシュナンブラン100%だった。前回のLES BARRES 2002は、焼き鰤と大根煮と合わせてみて大満足だったが、今回の、ブロックのままゆっくり茹でたゆでヒレ豚withいろいろ薬味&ソースともバッチリ。上質のシュナンブランは和食と相性も良いみたい。もっとスパイスを効かせたエスニックにも合いそうだな~。大好きなパクチー&ニョクナムやナンプラーのソースとも試してみればよかった・・・・でも、、、もう買えないだろうな~フルニエのワイン。。。。(涙)

このルメール・フルニエは、銀行で働いていたワイン好きの女性が2001年11月に設立したドメーヌ。かねてから天才醸造家と評されていたニコラ・ルナールの大ファンだった彼女、なんと、宝くじ(3億円とのウワサ!?)に当たり、ニコラ・ルナールを招聘してぶどう栽培と醸造を任せる為にヴーヴレに畑を買いドメーヌを立ち上げたとか。。。。夢のような話[ぴかぴか(新しい)]

ワインの質にこだわるあまり、ついに資金が続かなくなってしまったことなどもあり2005年にニコラ・ルナールはドメーヌを去ることになり、ほどなくしてドメーヌも閉鎖されたそうだ。だから在庫が売れきってしまったら二度と会えないワイン。。。[もうやだ~(悲しい顔)]

ニコラ・ルナール氏は今もきっとどこかでワインを造っているのだろうな~。。。知りたい!買いたい!飲みた~い!!

L Fouenier 2002.JPG

  • Lemaire Fournier VOUVRAY moelleux 2003 /AOC
  • 品種:シュナンブラン100%
  • 近所のワイン屋で購入 2,180円 

Fourniervouvray2003.JPG

  • Lemaire Fournier LES BARRES 2002
  • 品種:シュナンブラン100%
  • 近所のワイン屋で購入 2,600円弱くらい


Saumur Champigny V.V. 2002 [ロワール]

2007-11-18

ミュール シャンピニ V.V 2002 を飲んだ。

造り手は、シャトー ド ヴィルヌーヴ。
ロワール地方は風光明媚な風景でも有名だそうだが、その中でも美しい街の1つに挙げられるソミュールの近くの、ロワール河を見渡せる最高の場所に構えられている評価の高いシャトーらしい。
以前、Chinonを飲んで、カベルネフラン100%ってくせはあるが、意外に料理にも合わせやすそうだし、好きだなぁと思ったので、試してみた一本。
CF特徴の植物っぽさはもちろんあり、ふくよかさあり、ほどよい酸とタンニンのバランスがなんとも素晴らしかった。このやさしさは、Vieilles Vignes(ヴィエイユ・ヴィーニュ)だからかな?V.V.は、良い年にしか造られないそう。
ジャムのような濃縮感たっぷりのとてもチャーミングな美味しい赤だった。
特有の風味の土っぽさは、ごぼうやレンコンなどの根のものを連想させる。根菜類を使った和食にもぴったり合いそう!・・・でも、この日は、ピザと。あまりチーズィーだと重たくなりそうだが、手作りトマトソースとの相性は悪くなかったかも。

急いで買い足そうとネット検索してみたものの、どこも「完売」。。。残念~~~
コスパも最高で、とても好みの一本を見つけて、かなりシアワセ~[グッド(上向き矢印)]

[かわいい]Saumur Champigny V.V. 2002 Ch.de Villeneuve 2,079円(税込み)
  ネットショップ“ez-Wine”にて購入 ☆☆☆☆☆ カベルネフラン100%
   (「2千円ちょっとのワインかな?でも美味い!」by夫)

ソーミュールシャンピニー.JPG

※この記事は、以前楽天ブログで公開していたものをそのまま載せています。


ロワール ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。